健康には生活習慣や労働条件が影響する。健康な状態で長生きしたい。

健康には生活習慣や労働条件が影響する。健康な状態で長生きしたい。

/

日本人は長寿ですが、健康な状態で長生きしたいものですね。私は自分でトイレに行き、おいしくご飯を食べられる状態で長生きをしたいのですが、健康を保つためには労働条件と生活習慣がかなり影響すると思います。まず労働条件についてですが、サラリーマンや、組合に入っている場合、毎年健康診断が受けられるので早くに病気を発見出来る確率が高いです。自営業で40歳以上になると、住んでいる地域の行政から健康診断の案内が来ますが、内容は本当に簡単なもので、身長体重・問診・尿検査・血液検査程度で病気の初期のものは見つかりにくく思います。また、労働条件のうち、深夜勤務・長時間勤務も健康に影響を与えると思います。22:00~2:00の間に睡眠を取ると副交感神経が最も活発化して、成長ホルモンが大量に分泌されるという説がありますが、深夜勤務ではどうしてもこの時間には寝られず、また食事時間も変則的となってしまいます。長時間勤務はサービス業に多いですが、間に食事も取れない、またはコンビニのお弁当で済ませてしまう、寝る時間が遅くなるということで血糖コントロールを悪くする恐れがあるようです。労働条件とも絡んできますが、生活習慣では、食事については食事の時間・食べ過ぎ・栄養バランスなどに気をつけると良いようです。就寝の3時間前までには食事を終え、常に腹8分にしておく、好き嫌いせずにバランス良く。こういった生活が胃に負担をかけにくく、また夜もぐっすり眠れるので健康に良いようです。何事もやり過ぎはよくありませんから、ほどほどに、悩みを抱えず良く眠る、美味しく物が食べられる健康な一生を終えたいものです。

労働条件がもたらす健康への影響

/

労働条件のいい会社と悪い会社、どちらの会社に勤めるかによって大きく左右されるのが健康だ。労働条件のいい会社に勤めることができれば、会社の就業時間が終了した後は、自分の時間として過ごす事ができる。趣味や習い事をしてもいいし、家庭があれば家族と夕飯の食卓を囲む事もできる。休日にはきちんと休みが取れ、仕事で疲れた体も心もリセットできる。ストレスの少ないことは自然と健康管理のしやすい体になるはずだ。一方、労働条件の悪い会社に勤めたとしたら。残業続きの毎日で休日出勤は当たり前。有給の申請をしても上司から待ったがかかってしまう。一人暮らしならば自分で食事を作る時間も気力もなく、外食か惣菜を買ってテレビと一緒に食事。家族がいたとしても見るのは子供の寝顔ばかり。食事の時間は不規則で日々の睡眠時間も少ない。これでは自分の体の声さえ聞こえなくなってしまう。今の時代はメタボ対策のような体の健康だけでなくメンタルヘルス対策も進んできている。体に不調がでるのではなく、心に不調をきたしてしまう人が年々増加しているからだろう。そのような人には資格をとることを強く勧めたい。なぜなら、資格の取得は安定した職業の可能性と自信に繋がる可能性があるからだ。もし介護資格の取得を目指すならシカエルというサイトを勧めたい。労働条件の悪さは、若い時には無理をしてクリアできてしまうこともある。だんだんと年齢を重ねていくうちに、その無理がきかなくなる。一番収入が必要な時に労働できないのでは意味がない。労働は体が資本。健康な心と体を維持するためには、労働条件のいい会社に勤めることが一番だ。それには労働条件の安定が必須だろう。